紫外線.com 健康なお肌のために紫外線対策をしましょう!

紫外線.com 子供のための紫外線対策協会 紫外線.com 子供のための紫外線対策協会は、紫外線と、紫外線対策について情報を提供しております。
紫外線.comとは?
紫外線.com運営「子供のための紫外線対策協会」について
子供のための紫外線対策を考えよう!
Protecting Kids from UV hazards
紫外線対策総合ブランド EPOCHAL(エポカル)

紫外線.com トップページ > UV(紫外線)とは、いったいどういうもの?

一般に【UV=紫外線】と呼ばれる物って、いったいどんなものなのでしょうか?

紫外線(UV)とは、なんだろう?
紫外線が及ぼす体の健康への影響とは、どんなことでしょうか?
子供と紫外線について考えましょう
オゾン層とは、どんなものでしょうか
オゾン層の破壊について、知り、考えましょう
私たちの周りにいつもある紫外線(UV)について
2005年に始まった環境省の取り組みについて
気象庁の取り組みについて
WHOの紫外線対策への取り組みについて
世界中の紫外線対策について
紫外線対策が子供に必要なわけを考えよう
子供のための紫外線対策協会からの紫外線対策5カ条
子供のための紫外線対策協会推薦図書一覧
子供のための紫外線対策協会 お勧めのサイト集
UVカットクリームについて
UVカット素材の「紫外線対策用衣料」とは
全国お勧めの皮膚科
紫外線と紫外線対策についての講演会のご依頼
2007年4月 協会シンポジウムのご報告
太陽のひかりってどんなもの?

−太陽光の「よいところ」と「わるいところ」− ※1

太陽は地球上の生物にとって必要不可欠なものです。太陽光は植物の光合成を助け、あたたかさや光を与え、生命体を支えています。さらに、太陽光は肉体的にも心理的にも非常に有益な働きをしています。

太陽光には紫外線という、見ることも感じることもできない光線が含まれています ※1

太陽は半径約6.96×103kmの巨大なガスの球体です。
核の部分で水素の核融合反応が起こっていて、ヘリウムを生成しながら、巨大なエネルギーを放出しています。太陽から地球に届くエネルギーは太陽の放出している全エネルギーのうちの約20億分の1です。
太陽から放出された光は
約8分後には地球に届きます。

地上に届く太陽光には、目に見える可視光線と、熱としてかんじる赤外線と、目にもみえないし、感じることもできない紫外線が含まれています。
太陽光の中での割合は、可視光線が52%で赤外線が42%と大半であり、紫外線は約5〜6%にすぎません。
その紫外線うち波長の長いもの(3154-400nm)をUV-A・波長が短いもの(280-315nm)をUV-Bと呼びます。

太陽光のよい影響
太陽光の悪い影響
 明るさ
 生態リズムの調整
 胃腸の動きを快調に
 気分の爽快感
 消化液の分泌

 暖かさ・決行をよくする
 神経・筋肉の緊張をほぐす

 光合成
 殺菌
 花や果実の色素合成

 ビタミンDの生成
 カルシウムの吸収促進
 新陳代謝の促進

熱中症を起こす

日焼けを引き起こす

DNA損傷

皮膚がん

光老化(しみやしわなど)

免疫力の低下

角膜炎や白内障を誘発

物の色を退色させる
物の劣化損傷を促進する

紫外線は、可視光や赤外線より波長が短く、エネルギーが大きいので、物質に化学変化を起こさせやすい特徴をもっています。
紫外線が人に日焼けさせたり、殺菌をしたりするのはこのためです。

目で見える光(可視光)が7色の分光されることは皆さんご存知かと思います。
その色は赤・橙・黄・緑・青・藍・紫-空に見える虹の色です。
この可視光の紫色よりも波長が短く、紫の外側にある光を<紫外線>と呼びます。


紫外線は1801年にリッター(Johann Wilhelm Ritter )によって発見されました。

紫外線は有益でもあり、有害でもあります 

オゾン層ができるためには紫外線が必要 ※1

成層圏のオゾンは、紫外線と酸素の光化学反応で作られます。オゾンは淡青色の気体分子で、3個の酸素からできています。オゾンは地上の光合成で作られた酸素が上空にのぼり、そこで紫外線を吸収して分解する反応によって生まれます。

オゾン層の破壊にも紫外線が関係している ※2

フロンは塩素と炭素、フッ素でできた化合物の総称です。便利な「夢の物質」として人工的に作られたものです。それが大気中に放出されると、成層圏まで上昇し、そこで紫外線UV-C(UV−Bより波長が短い光線で、地上には到達していない)を浴びるとその強い作用で分解します。フロンが壊れるときに塩素原子を放出しますが、これがオゾンを破壊するのです。1個の塩素が約10万個のオゾンを壊すといわれています。

遺伝子DNAを傷つける ※1

紫外線は細胞のDNAを傷つけます。これは細菌やウイルスはこれにより死滅します(殺菌作用)。一方、人のDNAも紫外線により傷つけられます。それが日焼け(サンバーン:やけどのように赤くなる)です。遺伝子DNAに傷がついた状態で細胞分裂をすると間違った遺伝情報が伝達され、がん発症につながる可能性があります。日焼けを繰り返すことは、皮膚がんの誘因となります。

ビタミンDを作る ※1

UV-Bによって、体内でビタミンDが作られます。ビタミンDは骨や歯の形成を助ける作用があります。しかし、体に必要とされるビタミンDは1日15分程度の散歩で十分得られます。ビタミンDは必要な量以上は生成されないため、UV-Bをたくさん浴びても意味がありません。

目への影響 ※1

目の水晶体はものを見るためのレンズであり、紫外線吸収フィルターの役割ももっています。水晶体たんぱく質は、紫外線を吸収すると酸化凝集します。最近増加している老人性白内障は長年の間に吸収したUV-BとUV-Aが主原因といわれます。もっとも一般的な紫外線の目への影響は「雪目(角結膜炎)で雪面に反射したUV-Bや殺菌灯など、紫外線に目をさらしたときに起こります。浴びたときは何でもありませんが、数時間後に激痛となります。

→目への影響とその対処法は 紫外線による健康への影響 へ


皮膚への影響

紫外線はその皮膚表面でほとんどが吸収されます。UV-Bは皮膚下0.1mmまで2-8%透過しますが、0.5mmより深くには届きません。UV-Aは皮下0.1mmで50-60%、0.5mmで7%、01.0mmで0.5%と低下しながらも、真皮まで届きます。

.

.

.

.


引用および参考とさせていただいた文献(言葉の一部を簡易なものにさせていただいています)

※1絵とデータで読む 太陽紫外線−太陽と賢く仲良くつきあう法− 

東海大学総合科学技術研究所 佐々木政子著
http://www-cger.nies.go.jp/publication/M018/M018.html

第2章 太陽光を知る

※2紫外線保健指導マニュアル 環境省 平成15年6月発行 P10


環境省紫外線保健マニュアル2008 紫外線予測分布図 太陽と紫外線かるた(国立環境研究所) WHO インターサンプロジェクト 紫外線対策用UVカットウエアブランドEPOCHAL(エポカル)

 
子どものための紫外線対策協会(PAC)
Parental Aegis Association for Children against UV Hazards

〒351-0114 埼玉県和光市本町19-3  株式会社ピーカブー内

※このホームページへリンクを張っていただけるときは、ご連絡をいただければ幸いです。 >>  http://www.shigaisen.com/
画像や文章に関しましては、無断でコピー・転載は、ご遠慮ください。

紫外線.comへのお問い合わせ